カードローン 審査ゆるい 窓ロ ※ネットで簡単審査・即入金

カードローン 審査ゆるい 窓ロ

「カードローン審査がゆるいところってどこなんだろう・・」

 

もしあなたが、そう思って当サイトに来られたのなら、数分で終わりますから、是非最後まで読んでください。

 

すべての疑問を出来る限り簡単にまとめてあります。

 

審査時間が短いカードローンとその違いとは

まずは、審査時間が短いカードローンをご紹介します。オススメは以下の2社です。

 

理由は以下の条件がそろっている事です。

・審査が30分程度
・店舗に行かなくてOK(スマホでweb完結)
・郵送物一切なし、家族に秘密にできる(カードレス可)

 

つまり、スマホがあれば自宅から30分程度で申し込み完了。店舗にも行かず、誰とも会わずにすべて終わってしまいます。

お金の借り方も、自分の口座に直接振り込みも出来ますし、コンビニなどから引き出すことも出来ます。

 

続いて2社の違いを解説するので、自分に条件があう会社を探してみましょう。

 

SMBCモビット

モビットの良い点
・web申込みなら、勤務先への在籍確認の電話がない(モビットだけ)

 

モビットの良くない点
・無利息期間のサービスがない
・国民健康保険の方はweb完結不可

 

モビットは、カードローンで唯一「在籍確認の電話なし」を公言しています。ですから、サラリーマンや公務員の方にオススメします。

 

在籍確認は個人名でかかってきますが、個人名の電話自体に違和感が出てしまう職場環境の方は、変な噂が立ってしまうリスクがあります。

営業職で電話がたくさん来る方以外は、モビットを選ぶ方が良いと思います。

 

▶モビットWEB完結申込みページ

 

ただし、モビットは国民健康保険証の方はweb完結が出来ません。ですから、個人事業主やパート・アルバイトの方は、以下の2社から選びましょう。

 

プロミス

プロミスの良い点

・最大金利が17.8%と低い
・無利息期間が30日
・三井住友銀行の口座があると便利
・パート・アルバイトでも申込可能

 

プロミスの良くない点
・勤務先への在籍確認アリ

 

プロミスの良い点は、その他2社に比べて最大金利が低い点です(その他18%)

三井住友銀行の口座を持っている方であれば、銀行ATMで手数料なしで利用できるのでさらに便利です。

 

モビットが国民健康保険不可だったのに対し、プロミスではweb申込み可能です。

 

30日間の無利息期間サービスも人気です。一括返済のめどが立っている方であれば、無利息で利用できる可能性もあります。

 

つまり、これら2社の選び方としては、「在籍確認の電話の有無」これに尽きます。

 

電話が嫌な方はモビット一択です。

 

電話が大丈夫な方は、逆にプロミスのメリットが大きいと言えるでしょう。

 

ご自身の環境に応じて選んでください。

 

▶プロミスWEB完結申込みページ

 

カードローンの審査をゆるくする方法はこれだ

上記2社で審査がゆるい会社を選びたいと考える方もいるかもしれませんが、結論を言うとどこでも同じです。

 

基本的に審査内容は貸金業法に基づいて行われるので、差が出ないのです。

 

ですから、A社を落ちた方がB社を連続で申し込んで、審査が通るという事は基本ありません。

 

それどころか、審査に落ちた方がすぐに他のカードローンを申し込むと「申込みブラック」として登録されてしまいます。

 

もし、落ちた場合は3か月間ほど空けてから再度申込みしましょう。

 

そうならないためにも初回の申し込みが大切です。

 

先ほどの2社から自分に合う会社を選んだら、以下に注意して申込みしてみましょう。

・初回の申込額を50万円以下にする
・web申込みの入力で誤字脱字をしない

 

この二つを押さえておけば、少なくとも他社借り入れがない方は審査について心配する必要はありません。

希望額が100万円だったとしても、とりあえず50万円で申し込むことをオススメします。

 

50万円で申し込んでも、あなたの与信が良好であれば、最初から100万円以上の枠を貰えるでしょうし、そうでない場合も後ほど増額申請する方が確実です。

 

他社借り入れがある方に関しても基本は同じですが、50万円以下の申し込みだとしても、合計が年収の三分の一を超えないように注意してください。

 

どちらにしても、審査は30分程度で終わりますし、メールで審査結果が届きますから、緊張する必要はありません。

 

カードローンで審査がゆるいところがあるという噂について

ネットやSNSなどを見ていると、「A社は審査がゆるいらしい」などといった情報を散見します。

こういった情報は全くのデマなのですが、なぜこのような情報が湧いてくるのでしょうか。

 

理由の一つとして考えられるのは「賃貸の保証会社の審査と一緒になっている説」です。

 

実は賃貸の保証会社でも同じように審査を行いますが、こちらに関しては実際に、審査がゆるい保証会社が存在します。

いわゆる独立系の保証会社で、その他の保証会社とデータを共有していないため、ブラックでも通るなど審査条件が極端にゆるかったりします。

 

そのため、賃貸の申込みで審査に落ちると不動産屋さんから「ここは審査ゆるいので、もう一度ここで審査してもらいましょう」などとアドバイスされます。

 

これらの経験が、カードローンでも審査はそれぞれだと勘違いしてしまうのです。

 

しかし、カードローンの場合は先ほども説明したように貸金業法で厳しく規制されていますので、闇金でもない限り基準は基本的に同じです。

 

ですから、審査のゆるい会社を探したりするのではなく、上記説明したような各会社の条件や内容で選ぶべきなのです。

 

以上、カードローンの選び方と審査について簡単に解説しました。

 

申込みの際の一助になれば幸いです。